2020/12/1/Tue

独立をしようと思ったときに見るサイト

日本では一定のスキルや人脈を持つSEが、フリーランスとして独立するケースが少なくありません。なぜ安定した正社員の地位を捨ててまで、フリーランスになるのでしょうか。もしかすると、あなたの周辺にもフリーランスを目指し、着々と計画を立てているSEがいるかもしれません。フリーランスになるSEの特徴として挙げられるのが、独立志向が強いことです。企業や上司の言いなりになることを嫌う傾向にあり、自分が本当にやりたいことを追求しようとします。自分の価値観を大切にしている人は、企業のやり方と衝突してしまうケースが少なくありません。このような人にとって、フリーランスになることはある意味牢獄から解放されるようなものでしょう。そして独立した後も、しっかりと成功を収めていくのです。

また、SEとして超一流のスキルや知識を身につけている人も、フリーランスになる傾向があります。あまりにもスキルが突出しているために、社内の仕事では物足りなくなってしまうのです。このような人は、SEとしてさらなる高みを目指して独立を決意します。収入よりも仕事の中身を大切に考えていることも、この手のタイプの特徴だといえるでしょう。そのほかのフリーランスになる人の特徴としては、いい人脈を持ち、営業力に優れていることです。賢い人は社内でSEをやっているよりも、自分で仕事を請け負った方が大きな収入になると容易に判断できます。営業力と技術力の両方を兼ね備えたSEは、成功する可能性が高いのです。