2020/9/29/Tue

独立をしようと思ったときに見るサイト

SEとは、システムエンジニアのことを指します。企業に属する正社員はもちろんのこと、フリーランスとしても働きやすい職種の1つです。それでは、SEがフリーランスとして働くメリットとデメリットについてみてみましょう。まず、メリットとして挙げられるのが、働く場所や時間が自由になることです。正社員であれば平日に働き、土日が休日になる場合が多く、もちろんその企業の就業時間に合わせなくてはいけません。しかし、フリーランスであれば、日中のみならず早朝や深夜であっても、自分に合った時間を選んで働けます。また、平日に休んで、用事や行楽地にも行きやすくなるのです。

一方、デメリットとしては、仕事に関連する業務をすべて自分でこなす必要があることが挙げられます。仕事を請け負うための営業活動や交渉、報酬の受け取り、税金の支払いまで、今まで企業が行ってくれていた業務も含めて行う必要があるのです。また、SEの技術は進歩が著しく、ずっと同じ技術だけで活躍していくのは困難に等しいでしょう。そのため、定期的に新しい技術を学習していくことが大切です。企業に勤めていれば、スキルアップを図りたいSEに向けて学習する場が設けられる場合もありますが、フリーランスは積極的にセミナーや講習会へ出向く必要があります。新しい技術の習得も、自分で意識して行うことが欠かせないのです。このように、SEがフリーランスとして働くのであれば、しっかりとメリットとデメリットを把握しておきましょう。